MENU

open


HOME > 卒業生インタビュー > 松熊かすみさん

卒業インタビュー(松熊かすみさん)

2007年にスクールを受講し、現在では自宅近くのアパートで「南六郷療法院 やすらぎ」を開業されている松熊かすみさん。「始めは、まったく自信がありませんでした。でも、受講していくうちに、生徒や先生方からの刺激、この仕事のやりがいも見えてきて、思い切って、開業しました。」

 

もくじ 
  1. 松熊かすみさんのご紹介
  2. 開業した「南六郷療法院 やすらぎ」とは?
  3. 無痛ゆらし療法との出会い「息子のオスグット病を良くしてあげたい」
  4. 先生の施術を目の当たりにして、受講を決めました
  5. 一人一人、納得するまで教えてくれました
  6. スクールを卒業してからは、経験や練習を重ね自信をつけました。
  7. 2年越しの開業  自宅からの第一歩
  8. 開業して、平坦な毎日が変わりメリハリが出ました
  9. これから受講する方へのアドバイス
  10. さいごに

松熊かすみさんのご紹介

ー 自己紹介をお願いします 

 

大田区在住の38歳主婦です。警備業を経営している夫と、中学3年生の長男、中学1年の次男、小学校1年の三男の5人家族です。

2007年にスクールを受講し、その後、恵比寿療法院やすらぎでインターンとしてお客様にふれさせて頂きました。2010年2月、自宅近くのアパートで女性とお子さん専用の「南六郷療法院 やすらぎ」を開業しました。

 

今は、専業主婦だった時は得られない充実感を感じています。無痛ゆらし療法に出会って、人生が変わりました。

開業した「南六郷療法院 やすらぎ」とは?

 主婦でありながら療法院の運営とは、どの様なスケジュールで生活していますか

 

休みは火曜日と祝日です。ただ、療法院は完全予約制としている為、家庭の用事などがある場合は、予約を調整できますので、自分のペースで仕事が出来ています。 また、自宅から自転車で5分と近いので、家との行き来も本当に楽なんです。

 

 ー どういったお客さんが多いのですか。

 

 療法院は女性と子供専用です。どちらかと言うと、子供が多いですね。息子がサッカーをやっているのでその友達の、オスグット病や捻挫、肉離れ等も多いんです。

そういった子供たちのスポーツ障害を良くしてあげたかったので、夢がかなっています。

また、要請があれば、出張サービスも行っています。母親と同年代のお客様へは週に1回、出張に行っています。重病で難しい施術なんですが、「ラクになった」と言ってもらえると、うれしくなりますね。

 無痛ゆらし療法との出会い「息子のオスグット病を良くしてあげたい」

 ー 松熊さんが療法に興味を持ったきっかけを教えて下さい。

 

長男が小学校5年生の時に、オスグット病になった事がきっかけでした。サッカーのユースチームに所属していて、試合が終わると急激に膝が痛みだしたんです。次第に、歩くだけでも痛がるようになりました。

 

病院に行くとオスグット病だと診断されました。特に治療方法がないと言われ、接骨院や治療院を様々まわりました。でも、何処の治療院でも高校生位になるまでは治らないって言われたんです。大好きなサッカーが出来なくて、子供が辛そうで、それを見ている私達も辛かったです。

そんな時、夫がインターネットで恵比寿療法院を見つけました。半信半疑でしたが、とにかく、夫と子供で行ってみることにしたんです。

 

 ー 施術を受けてどうでしたか。

 

 何をしても良くならなかったのに、1回の施術で痛みの半分がとれました。最初は、帰ってきた子供が嘘をついているのじゃいかと思ったくらいです。夫も「凄い」と興奮していましたね。結局、あんなに痛がっていたオスグット病が2回行っただけで、痛みがまったく無くなりました。今までの経緯を考えると、やっぱり信じられない思いでしたね。

先生の施術を目の当たりにして、受講を決めました

ー 

松熊さんご自身が施術を学ぼうと決意した経緯を教えて下さい。

 

息子がオスグット病にかかって、何もしてあげられない事が精神的にきつかったんです。自分に出来る事がないかと、常に考えるようになっていました。子供に対して出来るマッサージ方法等、あらゆる事を必死に調べました。

 

そんな時、恵比寿療法院に2回通っただけで良くなったので、これは「すごい」と思って、とても興味がわきました。 後日、私が恵比寿療法院に付き添ったんです。息子の膝の痛みが取れていくのを目の当たりにして、驚きました。その瞬間、是非、自分も学びたいと思いました。

すでに単発のオスグットセミナーがある事は知っていたので、その場で先生に聞いてみました。

ただ、次男も膝、かかと、股関節を痛めていて、このセミナーで次男の症状を良くしてあげる事は難しいと言われました。2人の全身のケアが自分で出来ればいいなと思っていたので相談すると、本科スクールを勧められました。

説明会の日時を教えてもらい、迷いもなく出かけていきました。

 

 

 ー 学校説明会に行ってみてどうでしたか。

 

 説明内容は分かり易く、納得のいくものでした。また、自分でも施術体験をして、腰痛や肩こりがラクになるのを実感できました。もともと受講する気で説明会に行ったのですが、未経験で知識がない自分に出来るのかという不安がありました。

おばあちゃんでも出来ると聞いて、これならやれると思ったんです。 何より 子供に何かあった時は自分が良くしてあげたいという気持ちが強かったんです。

これから先、子供のケアを自分がしてあげたい、その一心で受講を決めました。

一人一人、納得するまで教えてくれました

 ー 実施のスクールはどうでしたか。

 

受講生には、整体師やカイロの先生などプロの方が一緒だったので、すごく勉強になりました。学ぶ雰囲気も良く、楽しかったです。

しかも、一番最初にオスグットの回復方法を習えたのが私にとって良かったです。 実習は、見ていると簡単そうに見えましたが、やってみると難しかったです。身体は揉むものだという固定観念があるので、触り方やゆらし方、力加減を覚えるのに苦労しました。

それでも先生は、一人一人が理解して納得するまで教えてくれたので、私でもがんばれました。 受講していくうちに、重い病気で苦しむ人々がいる事を目のあたりにしました。また、本人はもちろん、その家族も精神的に辛い思いをしている事が、切実に分かりました。

息子がスポーツ障害で苦しんでいたので、その家族の気持ちは、自分の経験から良く理解できました。

 

もともとは、自分の子供の身体のケアが出来ればいいなと思っていたのですが、この療法は重症の人も良くしてあげられると知って、自分もそうした人たちの役に立ちたいと思うようになりました。

スクールを卒業してからは、経験や練習を重ねとして自信をつけました。

 ー スクールを卒業してからは、どうされてましたか。

 

家族や友達などには施術をして喜んでもらっていたし、練習も欠かさずしていましたが、実際に開業するには自信がありませんでした。

 

卒業して半年経った頃、「恵比寿やすらぎ」から知的障害者施設にボランティアに行きませんかという話を頂きました。とにかく経験を積みたかったので、「行きます!」と二つ返事で決めました。

やすらぎの先生方と一緒に、毎週、厚木の知的障害者施設で3ヶ月間の施術ボランティアを始めました。障害者の方々に施術をするうちに、自信や、やりがいが出てきて、もっと現場の対応を勉強したいと思うようになり、恵比寿療法院でのインターン制度に立候補しました。

 

ー インターンではどのようなことを学ばれましたか

 

会話術や説明の仕方は、とても勉強になりました。接客方法は、スクール中にも教えて頂きましたが、やはり現場の方がリアルなので現在にいきています。

先生の休憩中に練習させてもらい、技術も磨けました。 先生や仲間からの刺激も受け、やらなきゃ始まらない、開業してみようという気持ちになりました。

第一歩を自宅で開業することにしたんです。卒業してから2年かかりました。

2年越しの開業 自宅からの第一歩

 ー 自宅で開業されていかがでしたか

 

まず、ホームページを作って「恵比寿やすらぎ」からリンクしてもらいました。それを見て2人のお客さんが来てくれたのですが、自宅の居間での開業は生活感が出すぎてしまい、「すみません、おじゃまします・・」みたいな感じになってしまって。その状況を見た夫が、これは良くないと言って、積極的に部屋を借りようと動いてくれたんです。

 

自宅からもすぐ行けて、駅からも近い場所にワンルームを借りることにしました。部屋を借り、お金を頂いて施術をすることで、自分にも真剣さが増しましたし、本当の意味で開業した実感がわきました。

 

ー 宣伝はどのようにしていますか。

 

恵比寿やすらぎからのリンクと、あとは、無料のポータルサイトに広告を出しています。

他はとくにしていません。

実際には、クチコミやリピーターのお客さんが多いです。子供のサッカー友達だったり、そのお母さんや、主婦の時の人脈が大きいですね。それに、近所なので近隣の付き合いから、お客さんを紹介してもらったりします。ただ時として近所で良く知っているからこそ緊張したりもしますけどね。

開業して、平坦な毎日が変わりメリハリがでました

  開業して、うれしかったことはありますか

 

開業して間もなくのことです。お母さんと一緒に小学5年生のオスグットの男の子が療法院にみえました。

1回の施術で見る見る効果が表れ、男の子もお母さんもとても喜んでくれました。その顔を見て「私の力でオスグットが良くできた!」と思って、本当にやって良かったって思えました。

男の子が帰り際に「オレ、色んな人に紹介するからね!!野球チームの皆に宣伝しまくるから」って言ってくれたんです。本当にうれしかったですね。後日実際に、お母さんが他のお子さんを紹介してくれました。

 

 ー 専業主婦の時と今とはでは、変化がありますか

 

専業主婦の時は毎日が平坦で、あまり楽しいと思えることもなかったですね。子供にも「ママ、いつも眉間にしわが寄っていいるよ」なんて言われてましたね。

でも、今は、主婦と母、それ以外の自分もいて、メリハリがあります。家でもいつもテンションが高いんです。

 

先日、親友が療法院に遊びに来てくれて、「本当に良かったねー、やっと好きな事がみつかったね」って、泣いて喜んでくれたんです。この瞬間、改めて今、幸せなんだなと思いました。私の今までの生活も分かっていて、悩みも全て知っていて応援してくれいた彼女からの一言は、本当にうれしかったです。

これから受講する方へのアドバイス

 ー これからスクールを受講しようと考えている人へのアドバイスはありますか

 

 卒業後も講習会や、生徒同士の練習会など、勉強する機会がすごくあります。お客さんの施術で困った時など、先生や皆のアドバイスが本当に頼りになります。なので、スクールで出会った仲間の繋がりがとても強いです。

また目標をもって、本当に勉強したい人が多いです。だからこそ、刺激にもなり、開業後も皆で助け合っています。難しいお客さんが来た時など、仲間が頼りになります。

うまくいかない時は精神的に落ち込みますから、皆のアドバイスがありがたいです。

このスクールじゃなかったら、今の私は無かったと思います。私の体験から言うと、絶対に間違いがないので、迷っている人がいるなら進めたいです。動かなきゃ、何も始まりませんから。

さいごに

 

 それでは最後に、今後の抱負をおお聞かせ下さい。

 

 

私を頼って来てくれるお客さんに対して、誠心誠意向き合って良くしてあげたいです。息子のオスグット病に悩んだ自分自身の経験がありますので、身体の痛みだけではなく、心の辛さまでもケアでき療法師でありたいです。今後はもっと勉強し技術を高めて、卒業生の講習会などで私も教えられる位になりたいです。

 

 

お忙しい中、有り難うございました。

 

 

 

 

 

 

 


 

※ 南六郷療法院やすらぎWebサイト
※ 取材日時 2010年6月

※ 取材制作 カスタマワイズ

 

 

 

恵比寿療法院やすらぎ 無痛ゆらし療法スクール

スクールお申し込みはこちら

  • 03-3463-1525 受付時間10:00〜20:00(火曜・祝日定休)
  • 無料資料請求
  • スクール説明会
  • セミナー・ワークショップ

このページの先頭へ